カテゴリー別アーカイブ: 最新情報

[R]ついに完成! 7冊目の最新電子書籍、「あなたも電子書籍が出せる!」~ライフスタイル・イズ・コンテンツ~ 出版社いらずのセルフ・ブランディング!


新刊「あなたも電子書籍が出せる!」

「今すぐ本を出して、有名になろう!」

……と聞いて、

「ええ、わかってますよ!」

と、すぐ反応するのが、「現代の常識」を知っている人です。

一方、

「え? え? え? 本って、有名になってから出すんじゃないの?」

と思った人は、残念ながら「昔の常識」の中で生きている人です。

そういう方が、この先を読んでしまうと、かなりのカルチャーショックを受けます。

「現代の常識」を知らずに済ませたい方は、ここでやめても結構ですよ。


確かに昔は、本を出すのは大変でした。

「本を出す」なんて、私たちのような無名の一般人には、夢のまた夢でした。

何を隠そう、私自身も二年前までは、本を出したくて出版社に「持ち込み」をしていた、無名の一般人でした。

どこの出版社に言っても、どれだけ企画書を出しても、出版することはできませんでした。

しかし今では、合計で7冊もの電子書籍を出しています。

7satu.jpg

このうち、デビュー作の「ニコチン・アンインストール・バイブル」は、あの楽天koboやAmazonのKindleSONY、紀伊國屋などの電子書籍マーケットでも販売されています。

kobo.jpg sony.jpg kinokkuni.jpg

一冊出すごとに、売上はもちろん、私の「評判」と「信頼」も高まるようで、講演やセミナー、コンサルティングなどの依頼をいただくようになりました。

267639_367711496649729_1438579189_n (1) 599457_421811571202393_1157041774_n.jpg コンサル

さらに、出した電子書籍が話題となり、新聞や雑誌に取り上げられることもよくあります。

Cagamin20121010 - コピー 十勝毎日新聞 中日新聞201204024

また、「本を出すと人生のステージが変わる」と言われていたとおり、おつきあいする人のレベルや、仕事のスケールがどんどん上がっていくのを実感しています。

398417_457770890939794_554339185_n.jpg 橋本大二郎 249006_408815625835321_1824545145_n.jpg

これを可能にしてくれたのが、「電子書籍」という最新のツールなのです。

私が冒頭に「本を出して、有名になろう!」と書いた意味が、お分かりでしょうか?

電子書籍は、いつでも、誰でも、どんなに無名な人であっても、必ず出版できるのです。

それが面白ければ、読者の目に止まり、話題になり、有名になることができるのです。

あなたも、電子書籍を出して、有名になりませんか?

【新刊】「あなたも電子書籍が出せる!」


こんにちは、日本初の「電子作家」六本木辰也です。

同じく日本初の、電子作家同盟「日本イーライターズ」の代表を務めています。

2012年の11月11日には、六本木ヒルズで「合同出版記念パーティー」を主催します。

六本木~1

こんな私も二年前までは、「紙の本」を出したくて、出版社に持ち込みを続ける無名人でした。

長年吸い続けていたタバコを、たった一日でやめた経験をブログに連載していたら、ちょっと人気が出てきたので、ぜひ本にして売りたいと思っていたのです。

しかも、ちょうど二年前は、タバコの税金が上がる年でした。

そこに禁煙の本を出したら、かなり売れるはず。

そう思って、あちこちの出版社を回ったのですが、ほとんど門前払いに終わりました。

そのうち、ある大手出版社が「出しましょう」と言ってくれたので、これで印税生活! と喜びました。

ところが、何ヶ月も待たされた挙句「残念ながら」という電話一本でボツに。

次にもう一社、なんとか話は聞いてくれたのですが、打ち合わせを重ねるたびにだんだん高飛車になってきて、

「これは書かないでください」「ここは変えてください」と、さんざん注文をつけてきます。

私が首を横に振ると、編集者はこう言いました。

「だったら、ご自分で電子書籍でも出したらどうですか?」

ちょうど2年前は、日本でも「電子書籍」が話題になり始めていた頃でした。


この一言が、私の人生を変えたのです。

編集者の言いなりになって、書きたいことも書けないようなら、自分で電子書籍を出せばいいんだ!

それから2ヶ月後、私は当時まだ珍しかった電子書籍を自分で出しました。

タイトルはニコチン・アンインストール・バイブル

ニコアン

2000円という強気の値段ですが、お陰様で今でも、ほぼ毎日コンスタントに売れています。

しかも今では、話題の楽天koboやAmazonのKindle、SONY、紀伊國屋などの有名な電子書籍マーケットから「うちでも販売させてほしい」とオファーを受け、他の有名作家の作品と並んで売られています。

あれだけ、あちこちの出版社から断られた本が、今ではロングセラーです。

しかも、出版社から出した本と違って、売上はそのまま、すべて私の利益になります(自サイトで売った場合)。

その後の2年間で私は、合計で6冊の電子書籍を書き上げ、それぞれ3000円〜10000円で売ってきました。

今ではそれぞれが、私に日々の収入をもたらしてくれているのです。

まさに、電子書籍は私の人生を変えました

次は、あなたの人生を変える番です。


【電子書籍のメリット】

電子書籍には、紙の本にはない、多くのメリットがあります。

1 好きなことが書ける

出版社の意向を気にしなくていいので、自分が「面白い」と思ったことを、好きなだけ書くことができます。
今まで、時代の先を行きすぎていて、出版社に企画が通らなかったような才能あふれる人には、これは本当に嬉しいメリットです。
そのうちきっと、自分で出した電子書籍が大ベストセラーになるような、クールな新人が現れるでしょう。

2 いつでも好きなときに出せる

今はスピードの早い時代ですから、いいアイデアはすぐに発表しないと、あっという間に古くなってしまいます。

たとえば、私は過去にFacebookノウハウの本を3冊出してきましたが、それぞれアイデアを思いついてから、1ヶ月半くらいで出版してきました。

これを、出版社を通して、企画会議やら打ち合わせやらでチンタラやっていたら、軽く3ヶ月から半年はかかっていたでしょう。

もちろん、そんなに時間をかけたら、Facebookのように移り変わりの早いネタは、すぐに陳腐化してしまっていたでしょうね。

いいアイデアは、思いついたら即、コンテンツとして販売する。これが、現代の常識です。

3 コストが低く、利益率が高い

電子書籍などの、いわゆるデジタルコンテンツ・ビジネスは、これからの主流になっていくでしょう。

電子書籍で言えば、まず製造コストが安いこと。原材料は、あなたの頭の中にある知識、感性、ノウハウ、想像力などです。

つまり、あなたが今までに経験してきたこと、いま生きて考えていること、つまり「ライフスタイル」そのものがコンテンツになるわけですから、新たに何かを仕入れる必要がないわけです。

そして、自分が作ったコンテンツが売れれば、中間搾取をされることもないので、基本的には100%が利益です。

在庫もいらないし、メールで送れば送料もタダ。先立つものがなくても、ビジネスが始められるのですから、こんないいものはありません。

どんな会社に勤めていても、円高やデフレの影響で、あした倒産してもおかしくありません。

そんな時代、一番安心できるビジネスとは、実は「あなた」自身が商品になることなのです。


【あなたも電子書籍が出せる!】

こんなに素敵な電子書籍を出すのに、特別な知識は必要ありません。

少なくとも、こうやってインターネットを見ることができて、仕事でワープロソフトやプレゼンソフトを使ったことがある人なら、技術面や知識面では合格です。

一冊の電子書籍を出版するまでのプロセスを簡単に書きますと、

・何を書くかを決める

・タイトルを決める

・全体の構成を考える

・下書きをする

・ワープロソフトで入力する

・(できれば)ブログなどで連載して、反応を見る

・清書、校正する

・表紙やレイアウトをデザインする

・電子書籍の形式に保存する

・販売サイトに出品する

・(できれば)CDに収録して、直売できるようにする

と、このくらいでできてしまいます。

パソコン、ネットでやることと言えば、かなりメカに弱い私でもできたことですから、「できない」という人はいないと思います。

最大の問題はいうまでもなく、まずは「何を書くか」を考えることでしょう。


【あなたの知識は、必ず売れる】

ここで注意していただきたいのですが、いま書店で売れているような本、平積みになっている本は、参考にしてはいけません

メジャーな出版社から出ている本は、必ず編集者や上司、役員や社長などが内容をチェックし、「この内容ならOK」というものだけが出版されます。

ところが、現代の出版社には、企画の良し悪しがわかるような編集者は、ほとんどいないのです。

(ほとんどの出版社からボツにされた私の本が、ロングセラーになっているのがいい例です)

多少、いい感性の編集者かいたとしても、その上司や役員は頭が硬いので、せっかくの企画を通してくれません。なぜなら、もし売れないと、出版社が損するからです。

だからその結果、書店には似たような本、誰が書いても同じような本ばかりが並ぶことになるのです。

あなたが電子書籍で出すべきは、そんなつまらない本ではありません。

この世でたった一人、あなたしか書けない本を、好きなように書いて出すべきなのです。

つまり、いままでに誰も書いていない本こそが、電子書籍で出す意味があるのです。

そう考えると、ネタはいくらでもあります。

あなたが今まで生きてきて、

「これは、誰かに教えてあげたら喜ばれるな」

というネタを書けばいいだけです。

この世には必ず、あなたの知識、経験、ノウハウを必要としている人がいて、「お金はいくらでも出すから教えてほしい」と思っているのです。

あなたは、それを電子書籍に書いて、その人から感謝されて、お金をもらえばいいのです。

たとえば、

・FacebookやWordPressなど、最新のインターネットツールの活用法を、誰よりも早く書く

・自分が地獄を脱出した、借金の返済法

・双子、年子、年の離れた子の育て方

・銀行マンしか知らない、住宅ローンのお得な組み方

・塾の先生しか知らない、子供の成績を上げる親・下げる親

・ツアコンしか知らない、ガイドブックに載っていない世界の名所

・これで一年乗り切れる、PTA会長の仕事とスピーチ

要するに、いままでにあなたが苦労して乗り越えて来た経験を、いま苦労している人に教えてやると思えば、ネタは無限にあるはずです。

自分でも、「これをはじめから知っていれば、あんなに苦労しなくて済んだ」という経験はいくらもあるでしょう。

そういう苦労が多かった人ほど、電子作家(私の考えた造語で、電子書籍専門の作家のこと)としては成功するでしょう。


【初めて電子書籍を書くあなたに】

さあ、そしてあなたはいま、初めて電子書籍を書こうと思っています。

しかし、何から始めていいのか、まったくわかりません。

そこに現れたのが、私です。

いろいろ苦労して、2年間に7冊もの電子書籍を出し、売ってきた経験を、電子書籍にまとめました。

【新刊】「あなたも電子書籍が出せる!」

これを買って読むことで、あなたにも「読者の気持ち」がリアルにわかるはずです。

知識やスキルを持たない人は、持ってる人から聞けばいい。

そうすることであなたは、失敗のリスクから逃れることができます。最善の行動を取ることができます。

そして何よりも、貴重な人生の「時間」を無駄にせずに済むのです。

人間には、自分であれこれ試行錯誤することも時には必要ですが、それで遠回りして失った時間は、戻ってきません

知っている人に聞くことで、時間的なロスを未然に防ぐ。これが最も効率のいい「自己投資」なのです。

私の本を読んでいただければ、だいたい3ヶ月で、最初の電子書籍が出せます。

しかし、自分で一からやった場合、半年から1年はかかるか、途中で挫折するでしょう。

その半年から1年を、3ヶ月で実現するために必要なのは、本書の料金5000円です。

5000円……1回分の飲み代ですね。

私の二年間、電子書籍7冊分の知恵と経験が、ギッシリと詰まっています。

たとえば、本書に書かれたノウハウの一部を箇条書きにしますと、

・下書きは、必ず手書きで

・下書き用のノートにこだわる

・もっとも執筆が進む場所とは

・目次作りはマインドマップで

・evernoteでどこでも執筆

・あると便利な「ポメラ」

・第一章には「自慢話」を書く

・第二章には「分析」を書く

・第三章には「実践」を書く

・連載にオススメのブログ

・Facebookのノートの効用

・楽天koboに出品する方法

・CD版制作のコスト計算

・なぜCD版を作るのか

・マスコミに取り上げられる方法

・バッシングにはどう対応するか

・文章を書くのが苦手な人は

・電子書籍はタイトルで決まる

・差別化よりも特別化

・好印象より強印象

・日本一の肩書きを名乗る

・思わず読みたくなるテーマ

・電子書籍は高く売る

など、いずれも「実践」してきた者じゃないと書けない知識が満載です。

あなたが、これから自分で出す電子書籍と同じように読んだ人の人生を一変させるノウハウが詰まっているのです。

この点を理解できる方のみ、先をお読みください。


【今すぐ、電子書籍が書きたい】

そう思われた方のみ、以下のリンクから「あなたも電子書籍が出せる!」をお求めください。

カートから

ヤフオクから

なお、まずあり得ないことですが、

「全部読んだけど、電子書籍が出せなかった」

という方が万が一いらっしゃいましたら、全額を返金いたしますのでご安心ください。

なぜなら、本書を読めば、どんな人でも電子書籍が出せるように書いてあるからです。

もし出せないとしたら、それは読んだ方が「インプット病」の人で、やたらと本やセミナーで知識は仕入れるけど、自分から行動=「アウトプット」しない人だけです。

そういう方は、はじめから本書の購入はおやめください。


【セミナー動画、同時購入で半額】

また、私は本書を書くために、自分が9月に行った「あなたも電子書籍が出せる!」セミナーを、録画しておきました。

本書でも書きましたが、電子書籍を書く前に、セミナーやコンサルで人に話をすると、全体の構成がまとまるのです。

そのため私は、いつもセミナーは録画し、それを見ながら新しい電子書籍を書いていくのですが、今回のセミナーは特に大盛況で充実した内容だったので、「バーチャルセミナー動画」として先行販売しました。

バーチャルセミナー動画

電子書籍と併せてこちらを見ると、より理解が深まり、それだけあなたの電子書籍の完成が早まるでしょう。

バーチャルセミナー動画、単体の料金は、参加者と差をつけるため1万円ですが、電子書籍版と同時にお買い上げいただければ、特別に半額の5000円にします。

電子書籍版、バーチャルセミナー動画版、合計1万円をお支払いください。

動画は容量が重いため、クロネコメール便でお送りしますが、送料は無料にいたします。

在庫が限られておりますので、売り切れたら終了とさせていただきます。

こちらから、いますぐご購入ください


【こんな方は購入をご遠慮ください】

前述しましたが、

・「インプット病」で、アウトプットをするのが嫌な人

・自分の未来を、自分で創りたくない人

・アフィリエイトや情報商材で、儲かると信じてる人

・独りよがりな人

・プロの作家、編集者

こういう人は「現代の常識」についてこれず、電子書籍も出せるわけがないので、お金と時間の無駄です。

カートから

ヤフオクから


【目次】

●はじめに
・電子書籍は、誰でも出せる ・電子書籍の作り方、教えます ・続々誕生、電子作家 ・私も出版予告しました ・ライフスタイル・イズ・コンテンツ ・六本木ヒルズで出版パーティー! ・電子書籍で人生を変えよう!

第1章 電子書籍でセルフ・ブランディング
・第1章には何を書くか

●【第1作】ニコチン・アンインストール・バイブル
・私はこうしてタバコをやめた ・革命的禁煙法「ニコチン・アンインストール」 ・出版しませんか? ・出版社の「自主規制」 ・電子書籍の時代 ・「自主出版」第1号

●【第2作】革命的Facebook講座
・Facebookを始めたが…… ・Facebookと「ニコアン」の相性 ・Facebookの「お友達」を増やそう ・3ヶ月で全国7位へ ・電子書籍は5000円でも売れる ・講演で日本全国へ ・電子書籍は、ギャラ代わりにもなる ・もう「出版社」はいらない ・日本全国「秘書」計画 ・一大「バッシング」大会の始まり ・メディアとは「巨大ないじめ装置」 ・バッシング大会の「真相」 ・バッシング大会の「その後」

●第3作 「夢をかなえるノート塾」
・「ノート」という機能を徹底活用 ・武器を配り、配った武器で撃たれる ・生きていくためには「文章力」が必要 ・日本を「元気」にするために

●第4作 人を巻き込むFacebook
・「スーパー・いいね!交換会」で日本一に ・「日本一の」Facebookプロデューサー ・「差別化」よりも「特別化」 ・「いいね!時計を作ろう!」と「ウォールに花を咲かせましょう!」 ・「巻き込みメソッド」のルーツ ・人を巻き込む「4大機能」 ・新マーケティング手法「オビマ」

●第5作 Facebookの顔と顔
・Facebook本の、その後に ・インプットより、アウトプット ・「ブランディング」の能力に目覚める ・ウソも100回言えば真実 ・アウトプットから生まれる「ネタ」 ・電子書籍は、1ヶ月で出せる

●第6作 革命的ネーミング講座
・本当にやりたいこと ・新たな強み「ネーミング」 ・私だけに「見えている」ネーミング

●第7作 「あなたも電子書籍が出せる!」
・電子書籍を出そう!

第2章 なぜ電子書籍なのか?
・第2章で書くべきこと……「分析」
・ ①「紙の出版」業界の終焉
・黒船とタイタニック ・なぜ、似たようなタイトルばかりなのか
・ ②出したいときに出せる
・書店に並ぶ本が、つまらない理由 ・出版社も「お役所」に
・ ③書きたいことが書ける
・クレームと自主規制 ・電子書籍は「個人」のメディア ・誰でも読みたい「業界のウラ話」
・電子書籍で「社会的正義」の実現
・ ④利益率が高い
・電子書籍と、情報商材 ・努力と信頼が報われる世界 ・電子書籍は、高く売る ・電子マーケットで売った場合
・ ⑤在庫・仕入・製造コストがない
・売れた分がすべて「利益」
・ ⑥CDに加工できる
・ファンのために「CD版」を作る ・CD版を作るメリット ・電子書籍は「名刺代わり」 ・マスコミを利用できる

第3章 電子書籍を作ってみよう
・第3章で書くべきこと……「ノウハウ」
・ ①構想(ネタ出し、タイトル決め) ・「お金」が取れるコンテンツ
・ ②執筆(ブログやノートで連載) ・楽しく「執筆」するために
・ (1)下書き ・下書きノートの選び方 ・マインドマップで目次作り ・パソコンに入力 ・EVERNOTE ・全体の構成 ・文章を書くのが苦手な人
・ (2)ブログやノートに連載 ・「無料」でどんどん読んでもらおう ・ブログで連載してみよう ・これからは「Wordpress」 ・少しでも読者を増やす ・Facebookの「ノート」で連載 ・Facebookの「ノート」の弱点
・ ③ワープロソフトで清書 ・「アウトプット」して気づくこと ・最良のインプット=「リアクション」 ・誹謗中傷は、ファンの裏返し ・完成に向けて「清書」をしよう
・ ④加工(ワープロデータを電子書籍にする)
・ (1)EPUB形式に変換
・ (2)ブクログの「パブー」を利用 ・「パブー」のメリット・デメリット
・ (3)PDFデータに変換 ・PDFデータで「保存」するだけ ・CD版の作成 ・CD版のコスト計算
・ ⑤販売
・ (1)既存のホームページ、ブログで告知する
・ (2)直接販売する
・ (3)Yahoo!オークションに出品する
・ (4)ショッピングカートに出品 ・「売り方」が分かったら……

第4章 売れる電子書籍の作り方
・「読みたくなる」電子書籍の企画書を紹介
・実例①「住宅ローンを組んだら、会社を辞めよう!」 ・電子書籍は「タイトル」で決まる ・なぜ「住宅ローンを組んでから」会社を辞めるのか?
・実例②「デフォルト・ダイエット」 ・電子書籍は「タイトル」と「読者層」で決まる ・これが、差別化よりも「特別化」 ・デフォルト・ダイエットとは ・女性起業家「専門」 ・水鉄砲の原理
・実例③「るろうにソムリエ」 ・電子書籍は「著者の肩書き」で決まる ・Facebookとの相乗効果
・実例④「言ったもん勝ち!うつペルガー」 ・「うつ病」なんて、存在しない? ・「好印象」より「強印象」 ・「うつ病マーケティング」
・あなたにも「コンテンツ」があるはず

●おわりに


カートから

ヤフオクから

[R]ファースト電子書籍「ニコチン・アンインストール・バイブル」ついに楽天koboでも販売開始!

ついに「楽天kobo」でも、私の電子書籍が扱われるようになりました。

ニコチン・アンインストール・バイブル

日本初! いや、世界初!

「禁煙」という言葉を一言も使わない、最終型の禁煙マニュアル。

今まで、あなたがどうやってもタバコをやめられなかった理由は、「禁煙」という言葉の呪縛にかかっていたから。

そしてもう一つ、タバコは「嗜好品」ではなく「思考停止品」だったからです。

つまり「思考」を開始すれば、タバコは一日で「吸う必要が」なくなるのです。

この本を読んでもタバコがやめられなかったら、もうあきらめてください。


「ニコアン」のオリジナルWebサイトは、こちらをご覧ください


楽天Koboに電子書籍を出品する方法は、こちらをご覧ください

[R]電子書籍「ニコチン・アンインストール・バイブル」さまざまなE-Bookマーケットで絶賛発売中!

私のデビュー作「ニコチン・アンインストール・バイブル」。

おかげさまで、いろいろな電子書籍マーケットから買えるようになりました。

六本木辰也ショップ

Yahoo!オークション

Amazon

楽天Kobo

Sony Reader™ Store

紀伊國屋書店Book Web

パブー

デジタル・ドクショ

ブック・アサヒ・コム

[R]【日本の出版社がなくなる日?】日本初の「電子作家」六本木辰也のバーチャルセミナー【あなたも電子書籍が出せる!】で、あなたも電子作家になれる?

こんにちは!

日本初の「電子作家」六本木辰也です。

電子作家とは、これまでのような「紙の本」ではなくて、
いま話題沸騰中の「電子書籍」を自己作成&出版する作家のことです。

つまりあなたも「電子書籍」さえ出せば、いつでも「電子作家」になれるのです。

【電子作家になるメリット】

・出版社に頼らなくても、自分の「本(電子書籍)」が出版できます。

・電子書籍が売れたら、基本的に売り上げすべてが「利益」になります。

・電子書籍を出すことで、競合相手とは「別格」の存在になれます。


【電子作家の誕生】

2012年9月、私は東京で特別セミナーを開講しました。

タイトルは、

「あなたも電子書籍が出せる! 差別化よりも特別化。出版社いらずのセルフ・ブランディング!」

です。

おかげさまで大盛況となり、多くの方が参加してくれました。

そして、その参加者の約半数の人が、セミナー後も私の個別コンサルティングを受けて、

「自分も電子書籍を出して、電子作家になる」

と宣言してくれました。

私は、そんな彼らの「夢」をさらに後押しするため、日本初の電子作家同盟「日本イーライターズを結成しました。

そして、11月1日までに宣言通り電子書籍を完成させることができたら、11月11日の「出版記念パーティーに招待することを約束しました。

会場は、あの六本木ヒルズです。


現在、この約束を守るために努力している新人電子作家と、彼らのデビュー作のタイトルは、以下の通りです。

●【るろうにソムリエ】上杉武士の「平成葡萄酒浪漫譚(ワインストーリー)」

●【ホテルラバーズ総帥】橋本祐造の「ライフスタイル・イズ・コンテンツ」

●【笑かしトリマー】白井まゆみの「今日もわんこを笑かしとりま!」

●【再婚・晩婚・国際婚 専門・成婚コンダクター】土井康司の
「生涯青春!京都大学院講師が教える再婚・晩婚・国際婚で絶対に失敗しないコツ」

●【ホームバンカー】正田裕之の「住宅ローンを組んだら会社を辞めよう!」

●【『InaBar』シェーカー】稲葉 敦の「3分間で相手の心をキャッチする魔法のカクテル」

●【アトピー改善士】岩山きみたけの「アトピーで医者に行くのは止めなさい!」

●【うつ力養成コンサルタント】藤原 伸浩の「言ったモン勝ち!うつペルガー」

●【楽心斎】高橋弘行(タイトル未定)

●廣谷俊樹「Free innovation」 ~自由への革新~

そして、

●【日本初の電子作家】六本木辰也の「あなたも電子書籍が出せる!」


いかがでしょうか?

どれも、今の日本の書店では、決して手にできないような、刺激的で、面白くて、ためになる内容になることは間違いありません。

この中からやがて、出版した電子書籍が世間の話題になり、テレビや雑誌で活躍する有名人も生まれるでしょう。

そのきっかけとなったのが、「あなたも電子書籍が出せる!」と題されたセミナーだったのです。


【バーチャルセミナー発売】

このセミナーですが、地方に住む多くの方から、

「もっと近くでもやってくれないか」

というお声を、たくさんいただきました。

確かに、いま日本中を見回してみても、こんな内容のセミナーをやっている人は見あたらないし、
「電子書籍」のことがニュースにならない日はありません。

今回のセミナーを受けるため、東京近郊だけでなく、わざわざ京都や鹿児島から駆けつけてくださった方もいらっしゃいます。

が、どうしても都合や日程が合わず、せっかく電子作家としてデビューする貴重なチャンスを、
涙をのんで永遠に諦めた人も、たくさんいるでしょう。

そこで今回、私が自分自身のために録画しておいた、貴重なセミナーの様子を、
再編集して「バーチャルセミナー動画」として発売することにしました。

なぜ、自分のために録画しておいたかというと、7冊目の電子書籍を出すためです。

今回のセミナーで話したことを録画しておき、文章に起こすことで、
そのまま新しい電子書籍の原稿になる
からです。

「電子書籍を出したいけど、文章を書く自信がない」

という人のために、セミナー中にお話したノウハウを、私自身が実践しているのです。


【10月いっぱいの特別料金】

こうして録画しておいたセミナーを見直してみると、我ながら「分かりやすい」と思いました。

私は以前、塾の先生をやっていたので、教室で生徒を前に、大きな声でわかりやすく、
面白く解説するのは、実はお手のものなのです。

この録画を見るだけでも、実際のセミナーに出たのと同じくらい、知識とノウハウが吸収できるし、
なによりモチベーションが高まりやる気が出る、と思いました。

すでに、自分が世に出したいコンテンツが確立している人だったら、このバーチャルセミナーを受けるだけで、
実際の電子書籍を出版するまでになれる
でしょう。

そこで私は、慣れない動画編集ソフトと格闘し、どうにかセミナー内容を完全編集することに成功しました。

私の動画教材は、これが初めてです。

この、初めての貴重なバーチャルセミナー動画を、10月限定料金で発売します!


【「即断即決」する人のために】

iPhoneで撮影したため、少々画像と音声に乱れがあるのと、パソコンでの再生に限定されますが、
内容には思い切り自信があります。

お買い上げの方には、セミナー当日に使用したスライド資料も送付しますので、
実際に教室で学んだ人と差がつくことはありません。

あえて不公平な点をあげれば、私に質疑応答できないことと、
その場でアドバイスがもらえないことくらいでしょう。

そして料金も、10月いっぱいだけはセミナー料金と同じ、5000円としました。

これは、わざわざ交通費を使って東京の会場まで足を運んでくれた参加者の皆さんが、損をしないようにという配慮です。

ただし、11月からは適正料金の1万円にします。

(ただし、書籍版と同時購入の方に限り、5000円で買えます)

私のセミナー参加者の中にも、ほんの数名ではありますが、せっかくのチャンスが目の前にぶら下がっているのに、

「考え中です」

「検討します」

と、決断を(意味なく)先延ばししたがる人がいます。

そういう人たちは、どうせ何をやったって成功しないので、私も完全に見放しています。

激動する現代、生き残れるのは、常に「即断即決」をモットーとする人たちだけです。

そうじゃない人たちにとって、私の電子書籍やセミナーは「豚に真珠」なので、
買ってもらっても役に立たないし、「結果が出なかったじゃないか」なんて文句を言われても困ります。

だから、10月中に買わない人に対するペナルティとして、11月からは1万円に戻します。

こちらのテキスト版と同時購入の方に限り、5000円です)

何事も「即断即決」する習慣のついている人と、目の前にぶら下がった「チャンス」に気がつく人だけが、下からご注文ください。

それでは皆さん、11月11日の六本木ヒルズでお会いしましょう。


【ご注文はこちら】

FC2ショッピングカート

Yahoo!オークション

・ご注文後、メールで入金先などをご連絡いたします。

・ご入金確認後、CD-Rをクロネコメール便で発送します(送料無料)。2~3日お待ちください。

・パソコン再生専用です。動画形式はWMVです。

・同じメールアドレスに、当日使用したPDF資料をお送りします。

・現在のところ、ダウンロード版はありません。

・商品の性質上、データ不具合以外でのキャンセル、返品はできません。

 

[R]あなたもできる、【Facebookで一世風靡】! FBの「4大機能」を正しく使って、楽しく人を「巻き込む」セミナー! 日本一の「巻き込み王」が「ちゃんと成果の出る方法」だけ教えます。

このセミナーの構成

①あなたの「やりたいこと」をヒアリングします

②私の「やり方」をお話します

③あなたの「やりたいこと」と、私の「やり方」を組み合わせます

④人を巻き込む「仕掛け」が発動します

【お願い】

できれば、ノートを一冊お持ちください。

セミナー中に思いついたアイデアを、もれなくMEMOしてください。

それがあなたの、これからの人生戦略に役立ちます。

【日時】10月10日(水)17:30~19:30

(終了後、美味しい懇親会あり/参加自由)

【料金】5,000円(前払い)

【定員】各10名

【主催】SENJUX(せんじゅクロス)
https://www.facebook.com/groups/cangaku/

【会場】株式会社CAN
・東京都足立区千住旭町41-14第一ビル
・03-5284-7107
 ※ 北千住駅東口 徒歩1分
http://www.cantop.jp/company/5_access/1_access/index.php


皆さん、こんにちは。

日本一のFacebookプロデューサー、六本木辰也です。

10月のセミナーのテーマは「Facebookで人を巻き込む」です。

だからといって、

「Facebookを使いさえすれば、誰でも簡単に、あっという間に瞬く間に、何の苦労も努力も要らず、1ヶ月でン千万円が儲かります!」

なんていうタグイのセミナーではございません。

ちょっと考えれば分かることですが、いくらなんでも1千万とか1億とかが、簡単に稼げるわけがねぇでしょう。

打ち出の小槌や、チチンプイプイじゃあるめぇし。


よろしいでしょうか、皆さん。

ものには「順序」と「限度」というものがあります。

まず、Facebookで「いちばん大切なもの」とは、何でしょうか?

それは「人」です。

お友達です。ファンの皆さんです。

Facebookは、そういう「人」とのつながりを最重要視しているメディアです。

だから、Facebookでビジネスをやるにしても、イベントをやるにしても、いきなりそれを「売り込み」すると、かなりの勢いで引かれます。

嫌われます。お友達を解除されます。最悪、ブロックされます。

つまり「売り込み」をやりすぎると、Facebookで最大の財産である「人」を、失ってしまうのです。

では逆に、ビジネスやイベントをFacebookで成功させるためには、どうすればいいのでしょうか?

もう、お分かりですね。

そうです、たくさんの人を「巻き込み」すればいいのです。

まずお友達を増やし、次にファンを増やし、そのファンたちを「巻き込む」ことです。

これさえできれば、仕事やお金や人脈などは、すべて後からついてきます。

逆に言えば、こうやって「人を巻き込む」ことができない人は、なにをやってもうまくいかないのです。


そして、では、「人を巻き込む」ために必要な、たった一つの方法とは?

はい、断言します。

それは「楽しませる」ことです。

一昔前の、いわゆる「情報商材」の世界では、

「人間の欲望、悩み、コンプレックスをダイレクトに刺激しろ」

というのが、定番でした。

それはそれで、一つの真理です。

しかし、ここはFacebookです。

「ガンガン儲かる!」

「女にモテモテ!」

「年収一億円で大成功!」

こんなウォールの人を見て、皆さんはどう思いますか?

たぶん、引きますよね。

「人のつながり」がもっとも重視されるFacebookにおいて、あまりにも欲望ギンギラの人たちが跋扈&闊歩していると、それを見た人たちはサーッと引いていきます。

そういう人から「お友達リクエスト」が来ても?

たぶん、無視しますよね。

これ、気づいてない人が多いです。

一部の取り巻きにチヤホヤされているので、本人は舞い上がってますけど、周りの人たちは思いきり引いてます。


なぜなら、そういう人たちって、まったく「楽しくない」からです。

Facebookは「楽しい」のがいちばんです。

というか「楽しくなければ、Facebookじゃない」とすら、私は思っています。

だから私は、Facebookを始めてから一年半あまり、ひたすら「楽しさ」だけを追求して、Facebookを騒がせてきたのです。

たとえば、多くの人が参加して、お友達を一気に増やし、「これでFacebookの楽しみ方が分かった」と喜んでいるイベント、その名も「スーパー・いいね!交換会」。
https://www.facebook.com/events/202052203259602/

それから、今年の冬と夏に開催して、Facebookユーザーを巻き込む熱い戦いが繰り広げられた、「いいね!時計を作ろう!」などなど。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.339912606099667.77790.208943365863259&type=1

これらのイベントはすべて、私が一人で考えて、ちょっとした「仕掛け」を施すことで、何百人、何千人というFacebookユーザーを巻き込んできたのです。

その成果がいま、仕事として、コンサルとして、ビジネスとして、そして「信頼」として、私の作った渦の中心に巻き込まれているのです。

皆さんももし、自分の仕事やビジネスやイベントに「人を集めたい」と思っているのなら……。

やっぱり、Facebookはそのための、最強のツールになります。


ただし、そのために必要な条件が二つあります。

一つは、どんな「楽しさ」を、人に伝えることができるかを、考えること。

そしてもう一つは、Facebookの「4大機能」を上手に使いこなすこと、です。

では、Facebookの4大機能とは?

Facebookページ? 広告? インサイトうんたら?

違います。

この4つです。

①ノート

②アルバム

③グループ

④イベント

誰もが知っている、普通の機能です。

この機能を2つ以上、または4つすべてを有機的に組み合わせることで、あり得ないような「巻き込み」が起こります。

何百人、何千人というFacebookユーザーが、あなたのところに集まってくるのです。

あなたは「ノート」って、書いたことがありますか?

「アルバム」活用してますか?

どんな「グループ」を作っていますか?

そして、どんな「イベント」で、人を巻き込んでいますか?

このうちの一つだけでも、「えっ?何それ?」と思った方。

残念ながら、Facebookで「人を巻き込む」ことはできません。


また、そういう人に限って、わざわざ高いカネを払って、意味のないFacebookページを作っているものです。

役に立たないセミナーやコンサルに、ゼニをくれてやってるものです。

まあ、お金が余っている人はそれでもいいです。

そうでない方。

まったくお金をかけずに、Facebookで人を巻き込みたい方。

この10月セミナーで、私と一緒に、「人を巻き込む仕掛け作り」を楽しみませんか?

このセミナーの構成

①あなたの「やりたいこと」をヒアリングします

②私の「やり方」をお話します

③あなたの「やりたいこと」と、私の「やり方」を組み合わせます

④人を巻き込む「仕掛け」が発動します


まあ通常だと、10万円ほどの価値があるセミナーです。

が、今回は5000円にして、あなたが参加してくるのをお待ちしています。

何と言っても、Facebookでいちばん大事なのは、

新しい人との「出会い」にあるのですから。

ここに集まった方々との出会いが、私にとってはお金にも換えられない、新しい「コラボ」を生み出してくれるのですから!


【参加予約方法】

https://www.facebook.com/events/495325310478336/

①まず、イベントに「参加」を押してください。

②ウォールに「10/○を希望します」というコメントを書いてください。

③参加料を銀行にお振り込みください。
入金確認時点で「申込み成立」となります。

④当日の14:00までに入金がない場合は、キャンセルといたします。

⑤入金後、前日以降のキャンセルの場合、ご返金はできません。

<振込先>
金融機関名:楽天銀行
支店名:210 ビート支店
口座種別:普通
口座番号:2325969
口座名義:ロッポンギ タツヤ
メルマネ:kitakaze.kozo082@gmail.com

金融機関名:ジャパンネット銀行
支店名:001 本店
口座種別:普通
口座番号:8472442
口座名義:ロッポンギ タツヤ

では、当日、北千住でお会いしましょう。