[CBD]ConsenSys、米国で合法化した産業用大麻の流通と生産をイーサリアムで管理

米ConsenSys社は6月20日、同社が技術提供しTreum社が開発する有機作物のサプライチェーン「Verified Organic」(ベリファイド・オーガニック)について、第1弾として産業用大麻(ヘンプ)の生産と流通に適用することを発表した。アリゾナ州で有機作物の栽培を営むIntegrated CBD社が協力する。ヘンプの種にIDを割り振り、その栽培から販売に至るまでを、Ethereumのブロックチェーンを使って透明化する。

続きはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です