会長あいさつ

このエントリーをはてなブックマークに追加

松沢成文さんと

松沢成文さんと

皆さん、こんにちは。

日本エアグルメ協会 会長の六本木タツヤと申します。

 

私は、エアグルメです。

おいしい食事は、きれいな空気の中で食べたい。

「空気の美食家」=エアグルメです。

 

もっと正確に言いますと、

きれいな空気の中でしか、おいしい食事が食べられません

タバコの煙やニオイで、体調を崩してしまうからです。

店内に一歩入っただけで、そこが全面禁煙なのか、時間帯禁煙・分煙・吸い放題なのかが、分かります。

タバコのニオイが壁やテーブルや食材に染みついているだけで、頭痛がして喉が渇き、動悸が激しくなるからです。

 

そのため、完全禁煙店以外には入れません。

また、出入り口に灰皿があっても、そのお店には入れません。

タバコの「好き嫌い」ではなく、「危険」なのです。

「不快」なのではなく「不安」なのです。

そこで食事をしたあと、自分の体がどうなってしまうのか。

ひどい場合には、翌日は起きられなくなることもあります。

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

こんな私ですが……

実は、2009年の11月8日までは、バリバリの喫煙者でした。

しかし、あることをきっかけに一発でタバコをやめ、それ以来ただの一本も吸っていません。

この体験を、禁煙しないでタバコをやめる! ニコアン・セラピーという本にまとめて、出版もしました。

ニコアン・セラピー 表紙

さらに日本ニコアン協会を発足し、日本各地で講演したり、喫煙者のカウンセリングをしたりと、かなり多くの人をタバコから「解放」してきました。

他の喫煙者のタバコの煙も、

「自分も昔は吸ってたから、しょうがないよな」

と、気にしないでいることもできました。

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

ところが……。

2014年10月11日に、私は「やせる」と決めて、5ヶ月で腹筋を割るところまで行きました。

0319

この経験も、電子書籍デブアン!にまとめられています。

デブアン表紙完全版3D

 

こうして、体重が減り、体脂肪が落ち、腹筋が割れるようになった頃……。

体に、異変が起こりました。

タバコの煙や、ニオイを吸い込んだだけで。

体調を崩すようになったのです。

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

タバコ臭い部屋に数分もいると、頭痛、冷や汗、体の震え、動悸などの異常が起こります。

そしてその後は、少し横にならないと目まいがして歩けないほどです。

おそらく、あまりにも健康に「なりすぎて」、タバコに含まれる有害物質に、過剰に反応するようになってしまったのでしょう。

いわゆる「化学物質過敏症」に似た症状ですが、まさかバリバリの喫煙者だった私が、こんなふうになるとは思いませんでした。

 

思えば5年前までは、私も他人の前だろうがお構いなしで、好きなときに好きなだけ、タバコを吸っていました。

ずいぶん多くの人に、「危険」な振る舞いをしてきたものだと反省しています。

そしていま、そのときの「報い」を受けているのだと思っています。

 

そして。

私は、決めました。

私と同じように、タバコによって健康を壊されている、全国の人たちのために。

日本全国の飲食店を、

「きれいな空気のエアグルメ店」と、

「食事もできる喫煙所」とに、

明確に二分しようと。

これが、私がこれから生きていく上での、社会的役割。

天から与えられた使命、「ミッション」だと思います。

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

こうして「日本エアグルメ協会」は発足しました。

現在の活動の軸は、

日本全国 エアグルメ専門店マップ

の作成です。

ぜひ、あなたの街のエアグルメ専門店を、こちらからご紹介ください

Facebookには、エアグルメだけが集まるグループもあります。

 

日本の空気を、もっときれいに。

そして、おいしい食事を食べましょう。

 

日本エアグルメ協会
会長 六本木タツヤ

会長あいさつ」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。