ワシントン州がビットコイン価格の変動に警告

ワシントン州がビットコイン価格の変動に警告

bit

ワシントン州の金融管轄部門はビットコイン(Bitcoin)のようなデジタル通貨のユーザーに対して新しい警告を発表した。

 






 

『次の大きな投資に関する注意』と題する勧告文書では、デジタル通貨への投資、マリファナ関連事業そしてバイナリオプションについて警告している。

勧告には「デジタル通貨の価値は分散化されておりニュースや噂の対象になるため、価格変動が大きい。」と書かれている。

項目の大半は、意図的に投資家に誤った情報を伝えるようなものを含む非現実的な投資のリスクについて焦点を当てて、注意を促している。

「ビットコインとデジタル通貨の規制には国や地域によってばらつきがあり統一性がないため、詐欺師は投資家に対して誤った情報を伝えることによる混乱と矛盾を利用しようとしている。」と勧告は述べる。

所有者からの盗難の脅威だけでなく、デジタル通貨の価格変動についても同勧告は指摘している。「上述されたような分野には多くの投資の機会があるが、最低ラインとして、金銭についてなんらかの決定を下す前に質問を行い、自分で調べられることは調べるように。」と勧告は結論づけている。

この勧告は3月に発表された同様のアドバイスに続くものであり、11月に300ドルと500ドルの間で変動したデジタル通貨の価格変動の直後に発表された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です