【群馬県太田市 ブランディング企画案】毎月19日は「育児の日」! 日本一子育てしやすいまち 太田ドンリュータウンへ行こう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「子育て呑龍伝説」を中心に、
「少子化・児童虐待・育児放棄のない自治体」として
太田市を「特別化」して観光誘客を図るプランです。


●「太田ドンリュータウン」発想への道筋

①太田市を「起死回生」させるには、どうしたらいいだろうか?

・北海道から沖縄まで、日本全国から観光客を呼べる観光スポットを創る

②太田市が「これが日本一」と誇れるものが、何かあるだろうか?

・焼きそば、焼きまんじゅう、藪塚温泉、小玉すいか、蛇センター……。
・いずれもインパクトに欠け、日本全国から客が呼べるものではない。

③「あれもこれも」ではなく、「たった一つ」に絞ったらどうか?
   ↓
   ・「じょうろ」ではなく「水鉄砲」。日本全国に届くような「勢い」で一点突破したい。

④太田市は「日本一、育児しやすいまち」ではないか?
   ↓
   ・上毛かるたにも読まれる「太田金山 子育て呑龍」がある
   ・第3子以降子育て支援事業を行っている
   ・県内12市で最も低い高齢化率

⑤現代の日本で「育児」はもっとも深刻な問題
   ↓
   ・少子高齢化、核家族化の進行、人口流出
   ・幼児虐待、児童虐待、いじめ、育児放棄

⑥太田市なら、それを解決できる「モデル都市」として、日本全国にアピールできる
   ↓
   ・「日本一、育児しやすい町」を名乗れる

~ビッグバン!~

⑦太田市のニックネーム、キャッチフレーズを「太田ドンリュータウン」に!
   ↓
   ・カタカナで「ドンリュータウン」と表記することで、憶えやすく、親しみが涌く。
   ・「呑龍様」より「ドンリュー」のほうが、キャラクターグビジネスなどがやりやすい。
   ・「出産、育児、子育て」は太田市にまかせろ! というイメージが浸透すれば、全国から注目される。
   ・もちろん、本来の呑龍様への観光客も増える。


★こうして「太田ドンリュータウン」というネーミングが生まれました。

※すでに足利市は「足利ロンゴーランド」としてブランディングを始めています。
 
【ネーミング】
 群馬県太田市に誕生した、「呑龍様伝説」で有名な「日本一子育てしやすいまち」、太田ドンリュータウン
 

【コンセプト】
 太田市には、「少子高齢化」を食い止める秘密がある
 それは、歴史に残る呑龍様伝説
 太田市は、呑龍様の意志を受け継ぎ、「第3子以降子育て支援事業」など様々な施策を打ち出している
 だから太田市は、日本でいちばん「育児しやすいまち」太田ドンリュータウン!

【コンテンツ】
 ・毎月19日は「育児の日」
 ・「ドラマは韓流、我が家はドンリュー」というキャッチフレーズで、「イクメン」コンテストを実施
 ・もっとも素晴らしいイクメンは、「ドンリュースター」として表彰する
 ・その様子を、FacebookなどのSNS、テレビなどを通じて全国にアピール

【将来的なグランドデザイン】
 ・日本全国の自治体が、太田市に「子育て施策」を学びに来る
 ・「子どもを育てるなら太田市」とイメージアップすることで、人口が増える

【今すぐできること】(やるべきこと)

①記者会見を行い、メディアに「太田ドンリュータウン」のコンセプトを発表する。

 「毎月19日は育児の日」「育児日本一のまち」
 をうたっている自治体は多いが、太田市には「呑龍様伝説」という最強のコンテンツがある。
 ここを強くアピールすれば、他との「差別化」どころか「特別化」ができる。

②太田市の有志が、SNSを駆使して「太田ドンリュータウン」を告知する。
 Facebook、twitter、ブログ、Youtubeなどで、
 「群馬県太田市に誕生した日本一の育児しやすいまち・太田ドンリュータウン」
 と、毎日のように発信すれば、それが既成事実になっていく。

 テレビやラジオ、新聞の広告と違って、1円もかからずに日本全国に発信できる。


【詳細は】

11月19日、東毛学習センターでの「六本木辰也講演会」でコンセプトを発表します。

[R]【太田市も Facebookで起死回生!】GTST両毛ナレッジ・バレー主催 六本木辰也の太田市初講演が実現! 「太田ドンリュータウン&両毛ナレバ!」構想をお話しします。


【企画】
マキコミワークス代表 六本木辰也
オフィシャルサイト

【事務局】
一般社団法人 ナレッジバレー 代表理事・正田裕之
mail: van.ak.55@gmail.com   phone:090-3574-4865

※本企画書における企画・アイデア・ネーミングなどのコンテンツは、六本木辰也に属します。無断使用・転用・転載を禁じます。 2012/11/14 (c) 六本木辰也

カテゴリー: 地域活性 実例集   パーマリンク

【群馬県太田市 ブランディング企画案】毎月19日は「育児の日」! 日本一子育てしやすいまち 太田ドンリュータウンへ行こう! への2件のコメント

  1. 上杉 武士 より:

    素晴らしいです!

    腰の重い方々がこの企画の素晴らしさに気付くことが出来れば、
    太田市は間違いなく日本全国から注目されることになるでしょうね。

  2. ピンバック: [ARL]足利市 第3子保育料すべて無料化 | [ARL]【足利ロンゴーランド】公式ブログ ~Ashikaga Rongo-land~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です