見くびられた群馬県……大分県「おんせん県」ネーミング騒動

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月、大分県が特許庁に「おんせん県」という名称の商標登録を申請しました。

(情報提供:観光経済新聞社

これに対し、「うちのほうが日本一の温泉県だ」みたいな反応をしたのが、群馬県大澤正明知事でした。

確かに群馬県には、伊香保や草津などの温泉があります、というか、それしか取り柄がない、とも言えますから、無理のない話だと思えます。


ところがこの反応に、当の大分県は、

「どうぞ、自由にお使いください」

と、大人の対応を見せたそうです。

ひとまず「よかったね」という話ですが、私としては、

「群馬県も、見くびられたなあ」

という印象でした。


そもそも、自治体を「特別化」することを仕事にしている私から見て、

「温泉日本一」

というPR自体に、意味がないと思います。

その理由の一つ目として、温泉なんてどこの県にもあること。

ドリフの「いい湯だな」に歌われてるだけでも、北海道の登別、群馬の草津、和歌山の白浜、大分の別府。

他にも、栃木の鬼怒川、山梨の石和、神奈川の箱根、静岡の熱海、岐阜の下呂、愛媛の道後、鹿児島の指宿……

などなど、こんなにたくさんの

「似たようなところ」

があるのです。

そんな中で、「うちが日本一だ!」と差別化を図ること自体が、いわゆる「レッドオーシャン」です。


二つ目の理由として、そもそもいまどき「温泉」なんて、誰が行くの? という、身も蓋もない話です。

「レジャーといえば温泉だよね!」

なんて人は、それこそ

「歌はやっぱり演歌だよ!」

と言う人と、ほぼ同じくらいの人口ではないかと、私は思います。

なにしろ今では、ちょっと車で郊外に行けば、1000円やそこらで温泉気分が味わえる「スーパー銭湯」というのが、たくさんあるのですから。

わざわざ遠いところまで行って、早い時間から風呂に入って酒飲んで、早く寝すぎて夜中に目が覚めて時間をもてあまし、疲れて帰ってくる。

こんなレジャーに、行きたがる人はいまどき「珍しい」と言えるでしょう。

ハッキリ言えば、熟年世代から上だけですよね。

どんどん「温泉」というパイは縮小していくのに、いつまでもそこにしがみついていては、いくら日本一と言っても、先は見えています。


だったら、私ならどうするか?

簡単ですね。

今回のような、大分と群馬の日本一争いを、

「全国バトル」

に仕掛けて、日本中に温泉ブームを起こすのです。

そうすれば、温泉が多くの人から注目され、レジャーに行く人の総数が増えるでしょう。

そうしたうえで、その中で「日本一」を狙って見事に優勝すれば、一気に観光客は激増します。

Facebookなどを上手に使えば、簡単に仕掛けられるでしょうね!


カテゴリー: 「地域活性“家”」のホンネ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です