あ~あ、やっぱり我が家が一番!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本初の「地域活性家」六本木辰也です。

皆さんも、旅行から帰ってきた時は、こう思うのではないですか?

「あ~あ、やっぱり我が家が一番!」

だったらなぜ、わざわざ旅行に行くの?

もちろん最初は、誰でも、

「のんびりしよう」

と思って、旅行に行くのです。

たとえば、温泉旅館とか。

しかし、まず現地まで行くのが一苦労。

そして、やっと宿につき、荷物を下ろしたら、すぐにお風呂。



スポンサードリンク


まあ、これはこれで、のんびりできるような気がします。

しかし実際は、

「せっかく遠くまで来たんだから、元を取ろう」

と思って、ついつい長風呂してしまいます。

中の風呂だけでなく、わざわざ露天風呂にまで入って。

さらに、いつもは入らないサウナにまで入って。

こんな、ふだんやり慣れないことを、しかも長旅のあとでやれば、当然体はくたびれます。

しかも、のぼせて湯当たりします。



スポンサードリンク



そしてお風呂を出れば今度は、間髪をいれずにすぐ晩飯。

まだ6時です。

いつもだったら、まだ会社で働いてる時間です。

しかも、湯当たりしてます。

そんなところに、食べ慣れないものを食うんだから、正直、味なんてわかりません。

ビール一杯で強烈に酔います。

長旅で疲れて、長風呂で疲れて、慣れないものを食べて、気を遣って、そこにビールが入れば当たり前です。

ということで、食べ終わったらバッタリ寝てしまいます。

まだ7時なのに。

当然、夜中の2時頃には、空腹と胃もたれと喉の渇きで、目が覚めてしまいます。

ここから朝までが、長いんです。

ちょっとウトウトすれば、脳は動いているのに体は疲れているので、金縛りにあう始末。

こういう状態で見るような夢が、あとあと「あの旅館でオバケを見た」という話になるのです。



スポンサードリンク


こうして、朝の6時まで布団の中で輾転反側して、さすがに飽きて朝風呂を浴び、また朝からガッツリと飯を食う。

とにかく、この旅行中は、生活のリズムがガタガタです。

自分のペースではなく、旅館のペースで時間が進みます。

これだもの、疲れて当然ですよ。

そしてこの人は、行きでも帰りでも、あちこちの観光スポットで、同じように時間を潰します。

どこに行っても、心から寛げることなんて出来ません。

地元の人は、なんとか観光客を喜ばそうと、過剰に接待します。

または逆に、ぶっきらぼうに、つまんなそうに接客します。

どちらにしても、プレッシャーを感じます。

こうして、這々の体で家に帰り、やっと口から出る言葉が、

「あ~あ、やっぱり我が家が一番!」

これが「観光旅行」の実態です。

皆さんが「地域活性化」を頑張って、東京から引っ張ってきたお客は、みんなこういう思いをしています。

では、どういう対応をしたらいいのでしょう?

その答えは「ありのままを見せる」です。

詳しくは、また改めて。


ネーミング・コンサル詳細

参考書籍[革命的ネーミング講座]
革命的ネーミング講座 表紙
内容詳細
六本木辰也流・マーケティング&ブランディング・メソッドの集大成。
これからの「フリーランス時代」を生きる個人は、自分の「付加価値」を上げていくしかない。
そのために最も強力な武器「ネーミング」のつけ方を、豊富な実例を交えて解説している。
「六本木」なんて名字に生まれついたせいか、子どもの頃から「名前」に関しては博覧強記ともいえる知識を身につけてきた著者。
さらに、10年以上のブログキャリアの大半を、仲間に対する「名づけ」で盛り上げてきた実績から、現在は日本初の「プロ命名屋(ネーミング・コンサルタント)」として活躍。
多くのクライアントに「値千金」なズバ抜けたネーミングを考え、その後の人生を、未来を変え続けている。
「たった一つのネーミングが、新しい市場を創り、需要を生み出し、顧客を育てる」=「ブルー・プラネット理論」を唱え、誰にもマネできない唯一無二のセンスで、独自のネーミング・ワールドを展開している。
また本書の後半では、個人だけでなく「自治体」にまで新たな付加価値を与え、わずか10日間でYahoo!ニュースにまで取り上げさせてしまった「北見ニクマチ」誕生秘話も、余すところなく記している。
日本全国、すべての自治体がこれを読めば、向こう10年間に「やるべきこと」がすべて分かるようなヒントが満載。
「ネーミング」+「地域活性化」という二つのコンテンツが一冊に詰まって、たったの1万円という激安プライスには、ネーミング・コンサルのクライアントからも「安すぎる」「もっと出し惜しみしろ」と苦情が殺到。
(2012年6月発売 5,000円)

ダウンロード版Download.jpg
CD-R版CD-R.jpg
カテゴリー: 「地域活性“家”」のホンネ   パーマリンク

あ~あ、やっぱり我が家が一番! への2件のコメント

  1. 匿名 より:

    はじめまして。突然のコメント。失礼しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です