~ニュースより~(栃木)県農政部のツイッター フォロワー数156、拡大へPR強化

このエントリーをはてなブックマークに追加

 (栃木)県農政部が6月から始めた短文投稿サイト「ツイッター」のフォロワー数が22日現在、156にとどまっている。

 同日の県議会農林環境常任委員会で渡辺さちこ県議(みんなのクラブ)が指摘し、同部は

 「PRに力を入れ、ツイッター情報の内容の充実を図っていきたい」

 とフォロワー数の拡大に取り組む考えを強調した。

 同部は6月18日、より多くの情報をタイムリーに伝えようとツイッターの運用を開始。

 食と農に関する情報や放射性物質に関する情報を発信している。

 渡辺氏は13万弱のフォロワー数を持つ茨城県農林水産部のツイッターを引き合いに出し、

 「多ければ多いほどより多くの人に情報が伝達される」

 とただした。

 同部の湯沢修次長は

 「ツイッターを活用した情報発信を知ってもらうことが必要」

 とし、各種会議やパンフレットなどでPRしていくとした。

 水沼裕治部長は

 「まだ始めたばかりだが、やるなら多くの人に見てもらわないと意味がないので、フォロワー数の拡大に努めたい」

 と理解を求めた。

2012年8月23日 下野新聞



スポンサードリンク


 この理由は明白です。

 「お上意識」でtwitterをやっているからです。

 twitterでフォロワー数を増やすためには、「情報発信」はもちろん重要ですが、それ以前に

 「双方向のコミュニケーション」

 を図らなければ。


 実際、栃木県農政部のtwitterフォロワー数は、私が見た時点でも170でした。

 6月に始めて、2ヶ月でこのフォロワー数。

 「怠慢」としか言いようがありませんね。

 個人が趣味でやっていたって、1000や2000には増えているでしょう。

 それを税金でやっていて、この結果とは。

 しかし、それも当然の話です。

 何と言っても、県がフォローしているのは、たったの一人。

 栃木県の公式キャラクター「とちまるくん」だけなのです。

 一般人、下々の市民は、誰ひとりフォローしていないのです。



スポンサードリンク



 一方、記事にも出てくる「茨城県農林水産部販売流通課」のフォロワー数は、なんと約130,000。


 この理由も一目瞭然で、ほぼ同じだけの人数を、こちらからフォローしているからです。

 「相互フォロー」と言って、twitterをやる人にとっては当たり前の話ですが、要するに「市民とコミュニケーション」する気があるということです。

 その証拠に、ちゃんとこうやって、市民からの反応もあります。

 どうも、栃木県の役人には、SNSというものが理解できていないようですね。

 私が住んでいる「日本一、先進的で開放的な町」足利市のアカウントも同様です。

 一般人は誰ひとりフォローせず、しかも「返信はしません」とまで言い切っています。

 要するに「お上からのお達し」という立場を貫いているということですね。


 このへんの意識を変えなければ、栃木県や足利市が、本当に「先進的、開放的」になることはないのですが、まあ知事か市長が替わらない限りはムリでしょう。

 無理な期待をしたり、文句を言っていないで、私たち市民が、twitterやFacebookで情報を発信し、他の自治体とコミュニケーションをとって、地域を変えていくしかないでしょうね。


ネーミング・コンサル詳細

参考書籍[革命的ネーミング講座]
革命的ネーミング講座 表紙
内容詳細
六本木辰也流・マーケティング&ブランディング・メソッドの集大成。
これからの「フリーランス時代」を生きる個人は、自分の「付加価値」を上げていくしかない。
そのために最も強力な武器「ネーミング」のつけ方を、豊富な実例を交えて解説している。
「六本木」なんて名字に生まれついたせいか、子どもの頃から「名前」に関しては博覧強記ともいえる知識を身につけてきた著者。
さらに、10年以上のブログキャリアの大半を、仲間に対する「名づけ」で盛り上げてきた実績から、現在は日本初の「プロ命名屋(ネーミング・コンサルタント)」として活躍。
多くのクライアントに「値千金」なズバ抜けたネーミングを考え、その後の人生を、未来を変え続けている。
「たった一つのネーミングが、新しい市場を創り、需要を生み出し、顧客を育てる」=「ブルー・プラネット理論」を唱え、誰にもマネできない唯一無二のセンスで、独自のネーミング・ワールドを展開している。
また本書の後半では、個人だけでなく「自治体」にまで新たな付加価値を与え、わずか10日間でYahoo!ニュースにまで取り上げさせてしまった「北見ニクマチ」誕生秘話も、余すところなく記している。
日本全国、すべての自治体がこれを読めば、向こう10年間に「やるべきこと」がすべて分かるようなヒントが満載。
「ネーミング」+「地域活性化」という二つのコンテンツが一冊に詰まって、たったの1万円という激安プライスには、ネーミング・コンサルのクライアントからも「安すぎる」「もっと出し惜しみしろ」と苦情が殺到。
(2012年6月発売 5,000円)

ダウンロード版Download.jpg
CD-R版CD-R.jpg
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です