電気加熱式の無煙たばこ JTが12月12日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ

この世に、タバコほどやめやすいドラッグはないのですが。

電話1時間でやめられます)

一度「やめられない」と思い込ませることに成功すれば、
どんなチャチなオモチャでも売り放題です。

これですからね。

冷静に見れば、小学生だってこんなダサいオモチャには興味持たないんですが、
大の大人が喜んで吸っちゃう。

この「永遠の中2病」こそが、ニコチンおたくの真の病名なのです。


 

電気加熱式の無煙たばこ JTが12月12日発売 

 

日本たばこ産業(JT)は12月12日から、電気式の無煙たばこ「プルーム」の販売を始める。葉タバコの入った専用容器「たばこポッド」を電気で加熱し、ニコチンと香りを蒸気化して吸う。JTは開発を手掛けた米プルーム社と2011年に資本提携し米国外での商業権を取得。オーストリアなど海外で販売しており、日本でも戦略商品に育てる。

プルームはペンのような長さ約13センチメートルの電気加熱型のたばこ用具で、希望小売価格は3500円。付属のUSB充電器で充電して使う。12個入りのたばこポッド(460円)は「メビウス・フォー・プルーム」など6銘柄。全種類が2個ずつ入った「マルチパック」も販売する。

たばこは煙が周囲の迷惑になるため喫煙場所が限られ、需要減の一因となっている。煙のでないたばこは過去にも手掛けたが、今回の商品は加熱することでより通常のたばこに近い吸いごこちになるという。

JTはプルーム社に約29%出資。今年5月にオーストリアで発売し、すでにイタリアや韓国でも販売。日本ではたばこ販売店を通さず、インターネット経由で売る。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です