ニコアン・アドバイザーが新聞に登場!

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ

私の長期クライアントで、社会貢献家の一人であり、

IMG_5690

日本ニコアン協会公認 ニコアン・アドバイザー横山明美さん、

通称ナースモーカー・セラピストのインタビューが、新聞に掲載されました。

 

ナースモーカー20150324

“ニコアン・アドバイザーが新聞に登場!”の続きを読む

ダイエットしないからリバウンドしない! 全セラピスト必読の「デブアン!」本日発売!

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ

こんにちは。

日本ニコアン協会会長、社会貢献家六本木タツヤです。

本日、新しい電子書籍が発売になりました。

デブアン表紙カゲ

「デブアン!」~デブラウィルスをアンインストールして、ダイエットもリバウンドもせずにやせる方法~

です。
“ダイエットしないからリバウンドしない! 全セラピスト必読の「デブアン!」本日発売!”の続きを読む

禁煙外来で喫煙所、銚子市立病院 診療報酬返還へ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ

このニュースを見て、私としては「納得できない」点が2つ。

まず、この銚子市立病院では、敷地内禁煙にして禁煙外来の治療をしていたが、職員が隠れて吸っていた。

ということは、そもそも「禁煙治療」に、効果がないということではないのか?

tyousi

もう一つ。

病院は頭をかいて、国に診療報酬を返すということだが、そういう問題以前に。

医療関係者が隠れてタバコを吸う、ということ自体、異常事態なのではないか?

これって、盗癖があるパートをスーパーで雇ってるようなものでしょ。

“禁煙外来で喫煙所、銚子市立病院 診療報酬返還へ”の続きを読む

医療関係者のための【タバコ☆やめディカル】 電子書籍 無料ダウンロード

電子書籍 完成!

 

医療関係者のための【タバコ☆やめディカル】

やめディカルたて

健康を扱う仕事なのに、
「タバコがやめられない」と悩んでいる

・医師
・看護師
・薬剤師
・理学療法士
・作業療法士
・ヘルパー
・セラピスト

の皆さんは、無料ダウンロードしてお読みください・


 

こちらにお名前とメールアドレスを入力し、
「送信」ボタンを押してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

※イタズラ防止のため、ニックネームやローマ字、カタカナなどのご登録は削除させていただきます。予めご了承ください。
※アドレスにお間違いがないか、ご確認ください。

 

(※届かない場合は、迷惑メールをご確認ください)
自動返信メールに記載されたパスワードを入力し、
下の「Download」アイコンをクリックしてください。

PDFファイルがダウンロードされます。
「この種類のファイルはコンピューターに損害を与える可能性があります」
と警告が出た場合は「保存」を選んでください。

ご登録いただいた方には、「依存アンインストール」などに関する最新情報をお届けします。

※個人情報の管理・取扱いについて
ご記入頂いた個人情報は、情報提供ならびに、
当方からのご案内のみに使用させていただくものです。
スタッフ以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

6月8日 長崎市「世界禁煙デー 長崎市民フォーラム」ありがとうございました

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ

全国禁煙推進研究会 主催

2014 世界禁煙デー 長崎市民フォーラム

参議院議員 松沢成文さんと
参議院議員 松沢成文さんと

 

お陰様で、無事に終了いたしました。

nagasaki

“6月8日 長崎市「世界禁煙デー 長崎市民フォーラム」ありがとうございました”の続きを読む

医療従事者の喫煙率 医師、薬剤師が最も低く看護師は最多か? 歯科医師は国民平均と同程度

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ

なかなか、刺激的なニュースでしたね。

これを読んで私は、

タバコをやめられない医療関係者専門 タバコ☆やめディカル

を立ち上げました。

やめディカル

医学・薬学のみに頼らなければ、タバコをやめるなんてワケないことです。


 

医療従事者の喫煙率 医師、薬剤師が最も低く看護師は最多か?歯科医師は国民平均と同程度

 

 5月31日は「世界禁煙デー」。各地で禁煙に関するイベントが催される。禁煙といえばここ数年、ニコレットやチャンピックスの登場など“お医者さんと禁煙”というキャッチフレーズが普及しつつあるが、肝心の医療従事者の喫煙率はどうなのだろうか。各種調査を比較すると、医療従事者の中でも医師、薬剤師の喫煙率は1割未満と低い傾向で、歯科医師の喫煙率は国民平均と同程度、看護師は平均の2倍以上となるようだ。

 医師専用サイト「MedPeer(メドピア)」の調査(回答数3873)では、医師の喫煙状況では「喫煙したことがない」61.2%、「以前喫煙していた(今はしていない)」29.6%、「ほぼ毎日喫煙」7・0%、「ときどき喫煙」2・2%と、喫煙経験の無い医師が6割を占めており、喫煙者は1割に満たない結果となった。

厚生労働省の2013年国民健康・栄養調査結果による20歳以上の喫煙者の割合を見ると平均して20・7%(男性34.1%、女性9.0%)と比較すると、医師の喫煙率は一般的な喫煙率の半数程度であることがわかる。

医療職の中では喫煙率が高いことが指摘される看護師と比較するとどうだろうか。日本看護協会06年「看護職のたばこ実態調査」によると、喫煙経験は「ない」55.0%、「ある」44.2%と、「ない」が「ある」を上回ったものの医師よりは喫煙経験者が多い結果となっている。さらに見ていくと、喫煙経験者のうち現在も継続的に喫煙している看護師は45%に上り、国民平均の2倍以上であることがわかる。

看護師と喫煙率の関係を、看護師という職業上のストレスなどと関連付けた研究はいくつも行われているが、人命を預かるという点では医師も多大なストレスがあるだろうと推測すると、看護師に限って喫煙率が高いことはやはり興味深い。

一方で喫煙は口腔内の衛生状況とも密接なかかわりがあるが、歯のスペシャリストである歯科医師の喫煙率はどうなのだろうか。日本歯科医師会などによる大々的な調査は見当たらなかったが、大学による調査研究などは行われているようだ。

大阪大学大学院歯学研究科予防歯科学教室の小島美樹氏が実施した調査研究によると、歯科医師喫煙率(08年調査)は27.1%と、医師の喫煙率よりは高いものの、一般国民と比較するとやや多いか、あるいは同程度といえそうだ。

ちなみにニコレットなどOTCの禁煙薬で指導する薬剤師の喫煙率は、「喫煙経験なし」60.9%、「かつて吸っていたが、現在は吸っていない」27.0%、「喫煙している」9.9%であり、医師と同程度に喫煙率が低かった(日本薬剤師会調べ)。

まとめると医療従事者の喫煙率は看護師>歯科医師>医師、薬剤師の順で低くなっている傾向があるようだ。最近では、禁煙ならぬ嫌煙ブームと、愛煙家には肩身の狭い状況になっているが、禁煙をしたい人にとっては医療機関の受診が強い味方になってくれるだろう。(編集担当:横井楓)


7月3日は、三島市で講演

講演案内

 

●タバコをやめられない医療関係者のための
タバコ☆やめディカル

やめディカルバナー

●1時間でやめられるタバコを、
わざわざ7日間もかけてやめたい人に。
無料ニコアン・メール・セラピー
ニコアン・メール・セラピー ヘッダー

●1時間の電話でタバコをやめる! 
「ニコアン電話カウンセリング」