日本でも「アルコール規制」が進む?


メールサポート

Hello, my name is Tony Roppon.
I’m Uninstaller.

こんにちは、アンインストーラーTony Ropponです。

春といえば、
「酔っ払い」が大量にわき出す季節です。




年度初めの飲み会やら、
新歓コンパやら
お花見やら。

あのバカ騒ぎぶりは、
「狼藉」
と言っていいでしょうね。

 

お酒を一切やめて
もうすぐ2年になりますが、

日本がいかに異常な
「酔っ払い天国」なのか……

飲まない人からすると
恐ろしいくらいです。

例年のように、
新入生が酒のせいで
死んだりしてますからね。

 

そんなこの時期に、
「嬉しいニュース」が
立て続けに流れました。

呑んべぇ天国の日本で飲み放題禁止、酒類広告規制の動きも

「タバコの次は飲酒規制だ」──厚労省内部からそんな声が聞こえてきた。

アルコール規制を日本でも推進 屋外での飲酒規制、店で飲み放題禁止などが検討課題か

東京五輪に向け飲酒規制本格化へ 花見酒禁止令が迫る

不安相次ぐ「アルコール規制」 厚労省「議論はこれから」

今後「アルコール規制」が進むのでは、という懸念がネットで広がっている。
まあ、
世界的に見れば「当たり前」の話であり、
日本にしたって、

これだけレジャーやコミュニティが多様化して、
昔みたいな
「とりあえず一杯」
「飲んでから話す」
という習慣は、

もはや「古い」としか思えません。

習慣というより、
部族の「風習」みたいなものです。

 

だいたい、
今の若者は
酒もタバコもやりませんよ。

なぜなら、
「くだらない」
「バカバカしい」
「非合理的」
だからです。

酒にもタバコにも、
しがみついているのは
おっさんやオバはん、
または
ヤンキーくらいです。

まともな人間は、
酒もタバコもやらない。

これが「常識」になっています。

 

来年からは、
「花見酒 禁止」
「大学生の飲酒 全面禁止」
「酔っ払いは外出禁止」

このくらい、
徹底してほしいですね。


nicoun
nikoun
debuun
debuun
sakeun
sakeun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です