「過剰な飲酒」米で急増、医療費圧迫懸念 「アルコールこそ最大のドラッグ問題」


メールサポート

Hello, my name is Tony Roppon.
I’m Uninstaller.

こんにちは、アンインストーラーTony Ropponです。

ニュースより

「過剰な飲酒」米で急増、医療費圧迫懸念 「アルコールこそ最大のドラッグ問題」

米国人の飲酒量がかつてないほど増えており、将来のヘルスケアコストに直結する可能性がある。

最近の数年間、未成年の飲酒は減っているが、成人のアルコール消費はどの年齢層でも増えている。
特に大きな増加となっているのが、シニアとマイノリティー、そして教育・所得水準が低い人々だ。




どこまで飲むと「過剰」なのか?

これは、
「一滴でも」
飲んだら、その時点で「過剰」です。

人間が生きていく上で、
アルコールは必要ありません。

飲まなくても死なないし、
不健康になることもない。

むしろ、
飲むことで病気になり、
飲むことで人生を狂わせます。

お酒は、
一滴でも口に入れた瞬間から
「過剰摂取」になります。

何が問題なのか?

お酒が最も問題なのは、
健康を損ねるだけではなく、

人間にとって
最も大切な資産である

「時間」

を損ねるからです。

お酒を飲む人は
飲まない人に比べて、

1日24時間のうち
1/3の8時間ほどを

「酔っぱらって」
過ごします。

その間は、
記憶力も低下し
判断力も低下し、

逆に
誤った判断、
謝った記憶を誘発します。

これが、
人生の1/3を占めるとしたら?

お酒を飲む人の人生は
飲まない人の人生の
2/3の価値しかない、

ということになります。

どうすればいいのか?

お酒を
「完全にやめる」

これが
最善かつ
唯一のソリューションです。

お酒をやめると
「楽しみがなくなる」
という人もいますが、

お酒ごときが
「人生の楽しみ」なんて、

それだけで
「つまらない人生」だということを
自分で認めているようなものです。

人生には
お酒なんかより、

もっと楽しいことが
いくらでもあるのですから。


nicoun
nikoun
debuun
debuun
sakeun
sakeun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です