【ゼロプラ・ネーミング実例】 ●日本初の「リテイクオフ・セラピスト」


今日も、セラピスト限定のネーミング・コンサル終了しました。

ぜひ、サーファーに聞いてもらいたい!

サーフポイントの一つでもある南紀・和歌山市で、サーファーを専門にケガやスランプから脱出させる、日本初の

「リテイクオフ・セラピスト」

もとサーフショップ店長の、小川 義文さんです!

小川

 

サーフィン、カッコいいですよね。一度はやってみたいです。

鮮やかに波に乗るためには、ボードに腹ばいになってパドリングしている状態から、

パドリング

ボードの上に立ち上がる「テイクオフ」の瞬間がポイントです。

トリミング

タイミングとバランスがちょっとでも狂うと、途端にひっくり返ってしまいます。

 

このとき、波に巻かれたり、身体を不自然にひねったりして、背中や腰を痛めてしまうサーファーがたくさんいます。

転倒

ここで、痛いのにそのままガマンしたり、ムリしたりしてサーフィンを続けたせいで、サーファー生命を縮めたり、恐怖心やスランプに悩まされる人も少なくありません。

あきらめ

 

 

このように、一度は現役を諦めるようなケガ、不調に見舞われたサーファー(&他のスポーツピープル)たちを、「もう一度」華麗にテイクオフさせる専門セラピスト。

それが、日本初の「リテイクオフ」セラピスト、なのです。

 

そのために活用するのが、ただ仰向けに横になっているだけでケガや痛みを改善し、膝を柔らかく、背筋を伸ばし、バランスが整ったサーファー向けのボディにしてくれる

「パドリング・マット」

です。

マット

 

 

つまり、このマットに寝るだけでサーフィンが上手になりますから、ケガをする前のコンディション調整、そしてサーフィンした後のリフレッシュに活用するサーファーもいるくらいです。

 

これから夏にかけて、和歌山は絶好のサーフィン・シーズン

北海道から、東京から、沖縄からでも、日本初の「リテイクオフ・セラピスト」の元に集まり、世界レベルのサーファーになりましょう!

ファーフィン


ネーミングが欲しい方は

7日間無料メール講座
いまいちセラピスト」がやってしまう 集客できない「7つのあやまちメルマガヘッダー

電子書籍&音声ファイル
取材されたいセラピストのための ゼロプラ・ネーミング
表紙1
好評発売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です