財源、苦肉のたばこ増税=帳尻合わせの判断—自公

このエントリーをはてなブックマークに追加


1時間でやめられるタバコを、わざわざ7日間もかけてやめる「無料ニコアン・メール講座」
メールアドレス

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ

Japan's Cigarette Tax May Be Increased

「たばこ税は過去にも財源不足の帳尻合わせに再三使われてきた。」

いいんじゃないですか?

たばこ税と宝くじといえば、国民の無知につけ込んだ「愚行税」の代表ですから。

そもそも経営者でタバコを吸っているような人は、負債と資産の違いも分からないような経営破綻者。

その税金が、日本の経営破綻の埋め合わせに使われるなら、筋が通っています。


 

財源、苦肉のたばこ増税=帳尻合わせの判断—自公

 

 

自民、公明両党は、2017年4月の消費税率10%への引き上げ時に軽減税率を導入するための代替財源の一部を、たばこ税の増税で賄う方向だ。たばこ税の大幅引き上げは、民主党政権下の10年10月以来となる。たばこ税は過去にも財源不足の帳尻合わせに再三使われてきた。

たばこ税は現在、一般的な銘柄で1本当たり12.244円。14年度の国内たばこ販売数量は1793億本で、財務省関係者によると、1本当たり3円引き上げると年間4500億円前後の税収増が見込めるという。

他の先進国に比べると、日本のたばこ価格はまだ低いとの指摘もある。

公明党は軽減税率導入の財源に加え、健康対策の側面から、たばこ増税に当初から前向きだった。一方、自民党は国内葉タバコ農家への配慮から慎重な立場だったが、最終的に財源捻出にはやむを得ないと容認に転じた格好だ。

たばこ増税は、財政と政治の帳尻合わせの歴史でもある。1998年には旧国鉄と国有林野事業の債務の処理に充てる「たばこ特別税」を創設。06年には、当時の小泉純一郎首相が掲げた「新規国債発行30兆円枠」を実現するための財源確保にたばこ増税が行われた。

[時事通信社]

 


 

全額返金

掲示板

メール講座サイド

やめディカル・サイド

バナー healthy

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です