【はじめに】

このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省の「最新たばこ情報」によれば、平成23年度の成人喫煙率は20.1%。前年よりも、上昇したそうです。

ちなみに、男性の喫煙率は32.4%、女性は9.7%だということです。

日本人の成人は1億人ちょっとですから、全国で2000万人ほどの「成人」が、いまでもタバコを吸っているということですね。

また、タバコを吸っている人のうち、「やめたい」と思ったことのある人は、全体の6割。そのうち、見事に「禁煙」できるのは、なんと10人に一人くらいだと言われています。

それだけ、「禁煙」をするのは大変ということでしょう。

……な~んて、こういうパターンで始まる「禁煙本」って、本当に多いですよね。

しかし、こんなデータ、本当に信憑性はあるんでしょうか?

仮にデータが正しいとしたって、それが何の役に立つんでしょうか?

本書を手に取ったあなたが知りたいことは、この一点だけでしょう。

「で、どうすればタバコがやめられるの?」

その「やめる方法」だけが知りたいんですよね。

タバコについての統計とか、タバコの歴史とか、そんなことはどうだっていいですよね。

 

では、いきなりですが、結論から言ってしまいましょう。

 タバコをやめるなんて、超カンタンです。

 タバコを吸わなきゃいいんです。

 以上。

 

いや、バカにしてるんじゃなくて、本当ですよ。

タバコをやめたいんだったら、買わなきゃいいじゃないですか。

あんな高いもの。

タバコをやめたいんだったら、火をつけなきゃいいじゃないですか。

あんなケムいもの。

タバコをやめたいんだったら、吸わなきゃいいじゃないですか。

あんなクサいもの。

何も、「タバコを吸わなければ殺す」って、誰かに脅かされたわけじゃないでしょ?

ね? そう考えれば、タバコをやめるなんてカンタンじゃないですか。

 

 「だから、それができないから苦労してるんだよ」

そうでしょうね、わかります。

僕もタバコをやめるまでは、毎日タバコ40本を灰にする「TBK40」を続けていましたから。

 


こんにちは、ニコチン・アンインストール(ニコアン)カウンセラーの、六本木タツヤです。

24 時間でタバコをやめる方法「ニコチン・アンインストール」の考案者です。

いままでインターネットを通じて、何百人もタバコと別れさせてきました。

僕の電話カウンセリングを受けていただければ、1時間でタバコが不要になります。

ニコアンでタバコをやめた人からは、こういうご感想をいただきます。

 「まるで、魔法にかかったように」

 「タバコがいらなくなりました」

 「とっても、楽しいです」

その、「楽しくタバコをやめる方法」を、本書には具体的に書きました。

 

いますぐ、タバコをやめたい。

できれば、今日中にやめたい。

そのくらいの気持ちがある人なら、それは可能です。

タバコをやめるなんて、カンタンなんですから。吸わなきゃいいんですから。

 

本書の中心的なテーマは、もちろん「タバコをやめること」です。

でも僕は、もっと大きなテーマに沿って、本書を書きました。

たかがタバコなんか、いつでも誰でもやめられます。

でも、そのためには、あなた自身が「変わろう」と思わなければダメです。

もっと、本当の意味で「自由」に、「幸せに」なろう

もっと、自分自身を「大切」にしよう。

そして、心も体も、これから大きく成長しよう

希望に満ちた、新しい「人生」を歩きだそう……。

 

これが、本書の本当のテーマです。

明るい未来、希望に満ちた新しい人生を思い浮かべれば、タバコごときチンケなもの、すぐにやめられるんです。

逆に言えば、タバコなんかとつき合っていたら、あなたは一生、自由にも幸せにもなれない、ということです。

 

 「いや、俺はタバコ吸ってるけど、じゅうぶん自由で幸せだけど?」

という人もいますが、それは「勘違い」してるだけです。

タバコをやめれば、もっと幸せになれるんですよ。

 

でも、別にわざわざそういう人にまで、この本を読んでもらおうとは思いません。ぜひ、一生タバコを吸い続けてください。

 


世の中には、いろんな「禁煙運動」があります。

「受動喫煙防止活動」なんてのもあります。

しかし、僕の個人的な感想ですが、そういう運動って、うまく広がらないんじゃないかと思います。

理由は、

 ・暗い

 ・ネガティブ

 ・つまらない

からです。

 

要するに、

 「タバコをやめれば、こんなにハッピーでフリーな人生が送れるよ!」

という、明るいビジョンがまったく想像できないんですよね。

ただひたすら、

「体に悪いから、タバコやめなさい」

「人に迷惑だから、ガマンしなさい」

って、上から目線で偉そうに、ムリヤリ押しつける、みたいな感じがしませんか?

まるで、タバコを吸う人を、犯罪者みたいに見ていませんか?

僕自身がタバコを吸っていたときは、そう感じました。

よく「喫煙者いじめだ」「差別だ」なんて騒ぐ人がいますが、確かにそういう面はありますよね。

僕は、そういうネガティブなことが嫌いなんです。人間同士が、いがみ合うことも嫌いです。

だから、禁煙団体などにもいっさい属していません。どうせ生きるなら、自由に楽しく、人にも優しく、生きていきたいと思っているからです。

だからこそ、上から押しつける「禁煙」じゃなくて、楽しくチャレンジできる「ニコアン」を考えたのです。

 

本書は、こんな方に読んでいただければ嬉しいです。

まずは、もちろん「タバコをやめたい」と悩んでいる人

いままで、どんなやり方を試しても、禁煙できなかった人。

そういう人が本書を読めば、「なぜ、いままでやめられなかったのか」がわかるので、もう明日からでもタバコとお別れすることができます。

しかも、その後はもう二度と、「タバコが吸いたい」なんて思いません。

それから、タバコを「やめさせたい」と悩んでいる人

たとえばお父さんやお母さん、子ども、夫、彼氏などが、いくら言ってもタバコをやめてくれない。

そりゃそうです。タバコってのは「やめろ」って言われて吸うのが、いちばん美味しいんですから。

 

または、お医者さんや看護師さん、エステの人など「美と健康」を仕事にしている人にも。

タバコ吸ってる人に来院されたって、治療も施術も限界がありますからね。

そんな人が本書を読めば、「なぜ」彼らがタバコをやめられないのか、その理由がよくわかります。

そして、ニコアンの内容を教えてあげれば、「この人は、私の気持ちをよく分かってくれている」と信頼され、喜ばれることでしょう。

 


この本は、この世で唯一の、「楽しくタバコをやめる本」です。

難しい顔をせず、肩の力を抜いて、気楽に読んでください。

本書を、この世のすべての「タバコをやめたい方」「やめさせたい方」に捧げます。

「絶対にやめたくない方」には、捧げませんので読まないでください。

そして、これからタバコに興味を持つ中学生、高校生、その親御さんや先生にも。

 

最後に、家族にも感謝を込めて、本書を捧げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です