「偽装分煙」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「喫煙者と非喫煙者とが、『共存』できる社会を」

「お互いにルールとマナーを守って」

よく聞きます。

しかし、そもそもタバコを吸う人と吸わない人では、共存は「できません」

一方的、絶対的に、吸う人が「加害者」であり、吸わない人は「被害者」です。

そして「ルールとマナー」を、守れている喫煙者は、ほとんどいません

これが現状です。

青空

日本のどこにでもある、コンビニの前です。

写真の右奥の方に、灰皿があります。

が、それはほとんど「歩道」です。

大人も子どもも、お年寄りも妊婦も、ペットも通ります。

当然、煙はすべて、通行人に届きます。

でも「喫煙所だから、分煙ルールを守っている」となります。

 

さらに、手前のベンチに座っている人も、タバコを吸っています。

ルール?

マナー?

絵空事です。

 

これが、今の日本の「現状」です。

「分煙」といいながら、実は「偽装分煙」です。

食材を偽装されても構いませんが、分煙を偽装されると、体調に関わります。

 

できれば喫煙所は、裏口にお願いします。

 


 

日本エアグルメ協会推薦 専門店一覧

エアグルメ週間

バナー

●タバコをやめたい方は……日本ニコアン協会

トップバナーサイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です