なぜ、日本のニコチンおたくは、中国人以下で世界最低なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ

この本を読むと、その理由が分かります。

 

ニュースでも報じられた通り。

「世界一の喫煙大国」と言われた中国が、規制強化に乗り出しました。

史上最も厳しい「禁煙令」施行=1000人動員で監視-北京市

ケムリンチ(煙のリンチ=受動喫煙)による死者を減らすためです。

 

一方、東京では、五輪に向けた禁煙規制が見送られました。

「禁煙五輪」、東京が断つ? 都の検討会が条例化先送り

現在、東京には「飲食店」がほとんどありません。

ほとんどが、

「食事もできる喫煙所」

です。

smell smoke4

 

わずか2割のニコチンおたくのために、8割の「吸わない人」は、

鼻をつまみ、息を止めて仕方なく、食事をしています。

日本が、中国以下だからです。

日本が勝てるのは、北朝鮮くらいです。

 


なぜ、そんなことになっているのか?

この本を読むと分かります。

JTと財務省が、タバコの利権を握っているからです。

ニコチンおたくには、この本をプレゼントしましょう。

 

もちろん、

この本と一緒に。

 


日本ニコアン協会

メール講座サイド

ニコアン・カウンセリング・サイド

やめディカル・サイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です