[R] 世界一、地道な英語勉強法

このエントリーをはてなブックマークに追加

3

昨日とつぜん、
洋書が読めるようになりました。


昨年の12月1日に、
「そろそろ英語をマスターしよう」
「そのために、日本語をアンインストールしよう」
と思い立ち、書棚の本をすべて処分しました。

日本語の本が部屋にあったりしたら、
絶対にそっちを読むに決まってますからね。

そして、JAPAN TIMESを購読したり、
雑誌のTIMEを購読したり、
NHKの英語ニュースを聞いたり、
洋書を買ってきて読んだりと、

様々な挑戦を続けてきました。

しかし、なかなか英語が身につきません。

 

そこで、
「地道は近道」
という名言を思い出し、

「考え得る範囲の中で、もっとも地道なやり方を試してみよう」

と決めました。

そして3月から、
「一冊の洋書を、まるまるノートに書き写す」
という勉強法をスタートしました。

その1冊目として選んだのが、

でした。

すべてのページを書き写すのに、
ちょうど1ヶ月かかりました。

そして、4月からは2冊目に挑戦。

ですね。

4

毎日毎日、コツコツと書き写すこと、約3週間。
いつまで経っても、スラスラ読めるようになりませんでした。

 

ところが、昨日です。

本当にいきなり、
スラスラと読めるようになったのです!

そのきっかけは、
たまたまこの本を開いてみたこと。

こんなことが書いてありました。

「わかる瞬間は突然やってくる」

語彙力が一定量に達したとき、
いきなり「わかる」ようになると。

これを読んだあと、洋書に戻ってみたら、
本当に読めるようになっていました!

まさに、

3

こうだったのが、

2

こうなったのです。

語彙力が、臨界点を突破したのですね。

 

これでもう私は、
「洋書が読める人」
になりました。

「自転車が乗れる人」
になったのと、同じことです。

あとは、
いかに転ばないように、
いかに早く、
いかに遠くまで、
いかに疲れずに、
いかに華麗に、
自転車を走らせることができるかどうか。

これだけ。

つまり、
日本語で読むのと同じように、
洋書を片っ端から読めるようにすればいいだけです。

ニホアン(日本語アンインストール)してから、
約5ヶ月でした。

この勉強法、
お勧めします。

 


酒ぶくれデブ
mail
メールサポート
ニコアン・セラピー 表紙
デブアン表紙完全版3D
3d
book
hyosi
book